skip to Main Content
雑穀と野菜の炊き合わせをイタリアンにアレンジ。ー 9月24日のショップスタッフまかない

雑穀と野菜の炊き合わせをイタリアンにアレンジ。ー 9月24日のショップスタッフまかない

愛媛松山から、こんにちは。
ショップスタッフの綾子です。
毎日のまかないランチを作っています。

今日のメインは、もちキビポテトのペペロンチーノ。ジャガイモと玉ネギともちキビを炊き合わせるもちキビポテトに、ニンニク風味のソースを和える定番アレンジです。

大人も子どもも大好きなおかずで、レストランスタッフ時代や山形いのちのアトリエスタッフ時代に、いちばん作った料理かもしれません。

甘みのあるジャガイモで、今日もおいしくできました。


大人も子どもも大好きな、もちキビポテトペペロンチーノ


彩り豊かな食卓で、見た目もお腹も大満足!

2020年9月24日のまかない

<メニュー>

・もちキビポテトのペペロンチーノ
・ナスとトマトの梅酢和え
・大根と高野豆腐のお味噌汁
・六穀ごはん
・寒漬大根
・梅干し

今日のピックアップレシピ本

このおいしさがきっかけでつぶつぶ料理にハマる人も多い、もちキビポテトのペペロンチーノは、「つぶつぶ雑穀おかず」の77ページに載っています。また、ペペロンチーノソースを和える前のもちキビポテトのアレンジは、「赤ちゃんとママのつぶつぶ雑穀マタニティごはん」の60ページのキッシュと、62ページのうどんがオススメ。常備菜から、日常に役立つおかず、スイーツまで、簡単でおいしいメニューがたくさん掲載されているので、マタニティ以外の方にも好評です。

今日のピックアップ食材 – エキストラバージンオリーブオイル

つぶつぶ料理に使う油は、なたね油とごま油が基本ですが、パスタなど、イタリアンな風味を味わいたい時は、本物のおいしいオリーブ油を使います。香りの強い油なので、なたね油に2割程度加えるだけでも充分楽しめます。

書き手:磯貝綾子

2010年から未来食つぶつぶを学び、実践。
・未来食ショップつぶつぶスタッフ
東京のつぶつぶレストランスタッフ、山形いのちのアトリエスタッフを経て、2020年6月より現職。
つぶつぶ心スタイル17の“いのちの力を最大限に発揮してキラキラ生きる”をモットーに日々の暮らしを楽しんでいます。