skip to Main Content
卵料理はもちキビにおまかせ! ー 9月3日のショップスタッフまかない

卵料理はもちキビにおまかせ! ー 9月3日のショップスタッフまかない

愛媛松山から、こんにちは。
ショップスタッフの綾子です。
毎日のまかないランチを作っています。

今日のメインは、もちキビの卵とじ風。
玉ねぎと高野豆腐の組み合わせにしました。

鉄なべに具材を入れて、醤油味のシンプルなタレで煮込みます。
熱々をごはんにのせてどんぶりにするのもおすすめ。
もちキビの黄色がキレイでしょ♪

2021年9月3日のまかない

<メニュー>
・高野豆腐と玉ねぎのもちキビ卵とじ風
・ジャガイモとワカメのお味噌汁
・六穀ごはん
・たくあん
・梅干し

今日のピックアップレシピ本

もちキビの卵とじ風は、「雑穀と野菜でつくるつぶつぶクッキングSTART BOOK」の33ページに載っています。35年前にはすでに絶滅危惧食材になっていた雑穀を、日本伝統のエコ&おいしい料理術とともに「未来食つぶつぶ」としてよみがえらせた大谷ゆみこが、その技と心を惜しみなく公開。国境や好みを超えて人々の舌を魅了し続けている日本生まれのビーガングルメのおいしさを、ごはん、汁物、メイン、スイーツと、トータルに学べる超入門書です。

今日のピックアップ食材 ― こうや豆腐

重曹不使用で、調理後もしっかりとした食感が楽しめるこの高野豆腐は、煮びたしや今日のような煮込み料理に入れると、旨味が染み込んで、何とも言えないおいしい存在になります。戻して炒め物にいれたり、一度煮たものに衣をつけて揚げたり、未来食つぶつぶには、高野豆腐にこんな使い方(食べ方)があったの?と驚くレシピが満載で楽しいですよ。

書き手:磯貝綾子

2010年から未来食つぶつぶを学び、実践。
・未来食ショップつぶつぶスタッフ
東京のつぶつぶレストランスタッフ、山形いのちのアトリエスタッフを経て、2020年6月より現職。つぶつぶ心スタイル17の“いのちの力を最大限に発揮してキラキラ生きる”をモットーに日々の暮らしを楽しんでいます。