skip to Main Content
自然と調和して生きている ー 6月1日のショップスタッフまかない

自然と調和して生きている ー 6月1日のショップスタッフまかない

愛媛松山から、こんにちは。
ショップスタッフの綾子です。
毎日のまかないランチを作っています。

今日のメインは、ナスのうるちアワ炒め。
早くもナスが出回り始めて、夏を感じます。

季節が巡ってくると、ちゃんとそのとき旬の野菜がおいしく感じる。
私も自然と調和して生きているんだなぁと感じます。
このメニュー、これから秋までたびたび登場しますよ♪^^

2021年6月1日のまかない

<メニュー>
・ナスのうるちアワ炒め
・大根の塩もみ
・キャベツとワカメのお味噌汁
・六穀ごはん
・たくあん
・梅干し

今日のピックアップレシピ本

ナスのうるちアワ炒めは、「雑穀つぶつぶクッキング」の40ページに載っています。体が細部レベルで喜ぶ、未知のおいしさを楽しむ最先端グルメ料理、それが、未来食つぶつぶが提案する料理です。毎日食べても飽きない穏やかなおいしさ、コクのある深いおいしさが雑穀の特徴。雑穀を食卓に呼び戻し、自然と繋がる食生活を取り戻す第一歩が踏み出せる1冊。

今日のピックアップ食材 ― 南部いたふ

職人さんが炭火で手焼きした板麩は、弾力のある食感や香ばしさが特徴。熱湯にサッとくぐらせて戻し、薄切り肉のように使ったり、ヒエで作る白身魚風の料理などでは、魚の皮に見立てて使います。下味を付けて油で炒め焼きすると、焼き肉やベーコン風も楽しめます。野菜炒めにプラスするだけで、グッと満足感がアップしますよ。

書き手:磯貝綾子

2010年から未来食つぶつぶを学び、実践。
・未来食ショップつぶつぶスタッフ
東京のつぶつぶレストランスタッフ、山形いのちのアトリエスタッフを経て、2020年6月より現職。つぶつぶ心スタイル17の“いのちの力を最大限に発揮してキラキラ生きる”をモットーに日々の暮らしを楽しんでいます。