skip to Main Content
料理の腕が上がる!包丁

料理の腕が上がる!包丁

こんにちは。ショップ店長のみっちゃんです。

今日はつぶつぶマストアイテムの「三条打刃物-両刃-黒打ち」をご紹介します。

まっすぐ切れないのは、包丁が原因!?

りんごを真上から切ろうとしたとき、まっすぐ包丁を落としたつもりなのに、斜めに切れてしまったという経験はありませんか?

これは片刃の包丁だから。また、野菜を薄く切っているつもりなのに、なぜか思ったより厚く切れてしまう、ということは?これは、包丁の峰が厚く作られていることが原因です。

つぶつぶの包丁は菜切り・万能ともに両刃で峰も薄いので「今まで野菜を切るのが苦手だった」という方も、驚くほど野菜を切るのが得意になったりします。この包丁を使い始めると、その使い良さに手放せなくなってしまうこと間違いなしですよ!

良い包丁の条件は、切れ味の良さと持続性

ステンレス製の包丁が一般的ですが、欠点は切れ味が悪く、研いでも切れ味の良さが持続しないこと。鋼の包丁と比べると、断然、鋼のほうが研ぎ易く、研いだ後も切れ味の持続に大きな違いが出ます。

また、鋼の包丁でも工業製品が多く出回っていますが、一丁一丁鍛えて仕上げられた打ち刃物は、まな板に当たっても刃がつぶれにくく、切れ味の持続性に富みます。

この包丁は新潟の渡辺真一さんの、丁寧な手作業の逸品。刃は、日本製の鋼を使っていて切れ味抜群。意外なところではパンを切ると、くずが出難く、薄くスライスできるので是非試してみてください。

気になるお手入れ

鋼の包丁、お手入れが大変では…?という質問をいただきますが、実はぜ~んぜん大変じゃありません。

使い終わったら、すぐに濡れ布巾で汚れを落としてから、乾いた布で拭きます。これだけで錆びません。月に一回研ぐように習慣つければ、切れ味は持続できます。刃が欠けちゃった!って時は、メンテナンスも行っていますのでお問い合わせください。

三条打刃物-両刃- 極軟鋼割り込み 黒打ち【菜切り】

【規格】刃渡り165mm
【製造元】渡辺刃物製作所
【価格】18,000円(税込19,800円)

三条内刃物-両刃- ステンレス挟み万能

【規格】刃渡り180mm
【製造元】渡辺刃物製作所
【価格】23,000円(税込25,300円)

書き手:鳥越路代(みっちゃん)

未来食ショップつぶつぶ店長。
短大卒業後に入社した会社でゆみこと出会い、3年後にゆみこの呼びかけで女性だけの企画デザイン会社作りに参加。仕事を展開するうちに「未来食つぶつぶ」が会社のライフワークに。
お店巡りをしてモノを探すのが大好きだったので、ショップ担当に。1993年に一坪ショップとして東京に未来食ショップつぶつぶを立ち上げた。1995年には通販をスタート。2009年から故郷の愛媛県に戻り、通販センターをオープン。