TOP   つぶつぶ軍艦巻きと野菜のにぎり寿司弁当

つぶつぶ軍艦巻きと野菜のにぎり寿司弁当

つぶつぶ軍艦巻きと野菜のにぎり寿司弁当
赤茶色と黄色のつぶつぶをのせた2種の軍艦巻きと
常備菜を活用したにぎり寿司のスペシャルお弁当

材料 (12個分)

  • 好みの雑穀ごはん…300g
  • 梅酢…小さじ2

【具:つぶつぶ軍艦巻き】

  • ・高キビそぼろ*+焼き海苔…各適量
  • ・炊いたもちキビ*+紅生姜+キュウリ+焼き海苔…各適量

【具:野菜のにぎり寿司】

  • ・たくあん+インゲン(ゆでたもの)…各適量
  • ・梅酢煮レンコン*+青ジソ…各適量
  • ・ニンジン蒸し煮*…各適量
  • ・杉皮ゴボウ*+焼き海苔…各適量
作り方
  1. 1. 好みの雑穀ごはんに梅酢を混ぜ、1個25gに握る。
  2. 2. ①に好みの具をのせる。軍艦巻きには焼き海苔を巻く。
【高キビそぼろ】の作り方

材料[できあがりの量=90g]

  • 炊いた高キビ(下記)・・・1/4量(75g)
  • しょう油・純米酒・・・各大さじ1
  • 生姜の搾り汁・・・小さじ1
作り方
  1. 炊いた高キビを合わせておいたたれにつけておく。
  2. (冷蔵すると、1週間くらい保存できて、便利です)

【炊いた高キビ】の作り方

材料[できあがりの量=約300g]
  • 高キビ・・・1カップ
  • 水・・・・・1カップ
  • 自然塩・・・小さじ1/4
    1. 1.高キビは洗って、たっぷりの水にひと晩つけて水をきる。
      ※ 急ぐときはたっぷりの熱湯につけ、ぴっちりフタをして30分蒸らします。
    2. 2.鍋に①の高キビ、分量の水、塩を加え、フタをして強火にかける。
      沸騰したら中火で5分、とろ火で15分炊く。
    3. 3.火からおろして10分蒸らしたら、フタをあけて大きく混ぜ、風を入れる。
    【炊いたもちキビ】の作り方

    材料[できあがり量=約460g]

    • もちキビ・・・1カップ
    • 水・・・・・・2カップ
    • 自然塩・・・・小さじ1/4
    作り方
    1. 1.もちキビは洗って目の細かいザルにあげ、水をきっておく。
    2. 2.鍋に分量の水を入れて、火にかけ、沸騰したら塩と①のもちキビを入れ、木べらでよく混ぜながら強火で煮る。
    3. 3.水がほとんど、もちキビに含まれて、木べらの跡がスッとつくようになってきたら、フタをして弱火で15分炊く(クッキングマットを敷くと便利)。このとき、火を入れすぎないように注意する。
    4. 4.炊きあがったら火からおろして10分蒸らし、木べらでさっくり混ぜ、風を入れる。
    【梅酢煮レンコン】の作り方

    材料[作りやすい分量]

    • レンコン・・・200g
    • 水・・・・・・2カップ
    • 梅酢・・・・・大さじ1
    作り方
    1. 1.レンコンは皮つきのまま適当な大きさに切る。
    2. 2.鍋に①のレンコンを入れ、水と梅酢を入れてしばらく置く。
    3. 3.鍋にフタをせず、火にかけ、沸騰したら中弱火にして5分煮る。
    4. 4.煮汁につけたまま冷ます。
      煮たレンコンは、煮汁につけたまま、容器などに入れて保存します。
    【ニンジン蒸し煮】の作り方

    材料[作りやすい分量]

    • ニンジン・・・500g
    • 自然塩・・・・小さじ1
    作り方
    1. 1.ニンジンは丸ごと皮つきのまま、塩をまぶし、蒸し器に並べる。
    2. 2.火にかけて、竹串がスーッと通るようになるまで15〜20分蒸す。
    【杉皮ゴボウ】の作り方

    材料[作りやすい分量]

    • 丸煮ゴボウ(下記)・・・適量
    作り方
    1. 丸煮ゴボウにタテに切れ目を入れ、麺棒を使ってゴボウが開いて平らな皮状になるまでたたく。

    【丸煮ゴボウ】の作り方

    材料(作りやすい分量)
  • ゴボウ・・・1本(150g)
  • 昆布・・・10cm角
  • 植物油・・・大さじ1
  • 水・・・・・2カップ
  • しょう油・・・大さじ1と1/2
    1. 1.ゴボウは皮つきのまま鍋に入る長さに切る。
    2. 2.油を熱して、①のゴボウを炒め、アクがとんでツンとした匂いが甘く変わるまで、中火でときどき転がしながら炒める。
    3. 3.②に分量の水と昆布を入れ、フタをして、水が半分くらいになるまで煮る。
    4. 4.③にしょう油を加え、煮汁がほとんどなくなるまで中火で煮込み、最後に煮汁を煮詰めながらからめる。
    5. 5.④の鍋のゴボウのうま味が利いた昆布は、そのまま佃煮となる。
    6. ※ゴボウのアクは炒めることでうま味に変わるので、水につけてアク抜きしない方がおいしいです。
      ※ゴボウと一緒に煮た昆布は、とてもおいしい佃煮になっています。
      一度に簡単でおいしい2品のおかずができるおすすめの調理術です。