雑穀つぶつぶクッキング 創森社
商品コード:480801  メーカー:創森社
「薬や病院に依存したくない」生涯元気な体で人生楽しみたい人へ7つの食習慣汚染真剣に生きたいあなたに贈る、真逆の真実

商品説明

未来を開くグルメ食材

舌先だけではなくカラダが喜ぶおいしさ、クセがなく誰にでも受け入れられ、それでいてコクのある深いおいしさが雑穀の特徴です。見た目の色合いがパラエティーに富んでいることも、いろいろな個性の食感があることも、おいしさと満足感を高めます。毎日食べても飽きないおだやかなおいしさは、穀物ならではです。

衝撃的なおいしさとの出会い

野生の生命力に満ちた雑穀たちの、生まれてはじめて味わう個性的なおいしさは衝撃的でした。40年近く前のことです。食べれば食べるほど「どうしてこんなにおいしく生命力に満ちた食べ物が食卓から消えてしまったんだろう」と不思議でしかたがありませんでした。
日本の食の歴史をひもとくうちに、ほんの数年前まで日本人の命を支えてきたのは米だけではなく、ヒエ(稗)、アワ(粟)、キビ(黍)、ソバ(蕎麦)、大麦等であったこと。これらの雑穀が重要かつ大きな位置を占めていたという驚くべき事実に直面しました。特に庶民の日々のご飯はずっと雑穀だったことを知って、とても驚きました。
日本各地の山間の集落では、なんと1970年代まで多様な雑穀を作り回して、医者いらずの健康な自給生活を営んでいたというのです。
(本書はじめにより抜粋)

目次・章立て

著者紹介

大谷ゆみことは?
暮らしの冒険家/ 未来食つぶつぶ創始者/ 日本ベジタリアン学会理事/ 日本ベジタリアン学会認定( 最高位資格) マイスター/株式会社フウ未来生活研究所 CEO「キッチンからはじめる私革新! 」「女性こそが真の生命科学者になろう! 」を提唱。未来食セミナーを中心に啓蒙と技術伝達のためのセミナーを運営。女性ならではの「学び」と「暮らし」と「仕事」が一つになった新しい仕事を家庭で起業する低リスクで収益性の高い革新的な生き方「つぶつぶ料理コーチ」のシステムを創出し、日本全国に「つぶつぶ料理教室」の輪を広げている。社会を動かすエグゼクティブのための「未来食セミナーfor ビジネス」を、口コミだけのクローズスタイルで運営。著書は30冊を超え、累計40 万部の販売実績をもつ。創作したレシピは3000 を超える。未来食カフェレストランTUBU TUBU を東京早稲田で運営。雑穀を中心に顔の見える食材を発掘し販売する未来食ショップも運営。主な著書に『未来食』『つぶつぶクッキングSTART BOOK』『野菜だけ?』『続野菜だけ?』『おいしい! 漬物料理術』『雑穀で世界に光を』『「ごはんの力」で老けない体をつくる』『赤ちゃんとママのつぶつぶ雑穀マタニティごはん』『つぶつぶ雑穀ミラ」クルスイーツ』など多数。

カスタマーレビュー

画像1
販売価格 (税込) 1,512円
当店ポイント7P進呈