ハトムギ1カップ(160g)
商品コード:011611  メーカー:フゥ未来生活研究所
画像1
アイテムイメージ
画像1

画像1

販売価格 (税込) 950円
当店ポイント8P進呈
商品について問い合わせる

※レビュー投稿はマイページからお願いします。

この商品の購入状況(最新10件)
購入日時 購入数 地域
2017-09-20 14:38 1 静岡県 2017-09-20 12:24 2 滋賀県 2017-09-20 06:56 1 宮城県 2017-09-19 21:19 1 三重県 2017-09-19 10:49 1 大阪府 2017-09-18 09:05 1 広島県 2017-09-11 11:03 1 秋田県 2017-09-10 09:02 1 愛知県 2017-09-10 03:40 1 福島県 2017-09-09 02:13 1 神奈川県
返品についてはこちら>>

農薬不使用の国産ハト麦

山形県鮭川村 新庄最上有機農業者協会産 ハト麦 七分搗き(茶色の薄皮すべては取らず、残しています)

農薬不使用だから出来る「七分搗き」なので【薬膳つぶつぶ】のパワーがバージョンアップ!
通常のものに比べ食物繊維も栄養価も高く、白米に比べて2倍以上ものたんぱく質や、約8倍もの食物繊維を含み
そのほかにも脂質やカルシウム、鉄分、ビタミンB1、ビタミンB2などを豊富に含みます。
肌の新陳代謝を高めてくれて美肌・美白効果が期待大なのです!

■┓スタッフのイチオシ
┗┛━…‥‥━…‥‥━…‥‥━…‥‥━…‥‥━…‥‥━…‥‥━…‥‥━…‥‥━…‥‥━…‥‥━…‥‥☆

麦ってスゴイ!キャンペーンでご案内中の
「ハト麦」を使ったレシピをご紹介します。

○レシピ1
〜 ハト麦とひよこ豆のカレー 〜

[材料] 4人分
ハト麦 1カップ、ひよこ豆 1カップ、玉ねぎ 1個、
ピーマン 4個、カレー粉 大さじ2、
菜種油 大さじ2、自然塩 小さじ4、水 適量

[作り方] 
1. ハト麦とひよこ豆はそれぞれに分けて水で洗い、
ザルに上げる。合わせて6カップの水に一晩浸す。

2. 1を鍋に入れ、蓋をして火にかける。沸騰したら
中弱火でコトコト1時間煮る。

3. 玉ねぎとピーマンは粗みじん切りにし、
菜種油で炒める。

4. 3を2に入れ、水をヒタヒタになる程度に足し、
塩とカレー粉を加えて煮込む。

<ポイント>
ハト麦とひよこ豆、2種類の大きなつぶつぶを
軟らかくなるまで煮込めば、
サラッとしたさっぱり系のカレーが出来上がります♪

ピーマンがなければ、茄子など
お好みの野菜を入れてみてくださいね。

(『雑穀の書』大谷ゆみこ著 p.109 より一部抜粋)


○レシピ2
~ ほうじハト麦とピーマンの春雨炒め(2人分) ~

[材料]
ハト麦 大さじ2、ピーマン 5個程度、緑豆春雨 10g、
蔵の素(料理酒)大さじ1、生しぼり醤油 大さじ3、ごま油 適宜

[作り方] 
1. ほうじハト麦を作ります。

ハト麦をフライパンの中火で2分ほど乾煎りする。3分を過ぎると
パチパチとハゼて、芳ばしい香りと煙が立って色づいてくる。

焦げすぎないように遠火の弱火にしながら、
じっくり焙煎。火を止め余熱で茶色になったら平皿にあけ、
粗熱をとる。すり鉢で好みの大きさに擂る(する)。

2. ピーマンは繊維にそって5mmくらいの細切りにする。

3. 春雨はキッチンバサミで4cmくらいに切り、
熱湯に1分ほど浸し、ザルに上げる。

4. フライパンにごま油を熱し、ピーマン、春雨を
強火で炒め、火が回ってきたら料理酒、醤油を加え、
炒め絡める。

5. 最後に1.のほうじハト麦を加え、ざっくり混ぜ合わせ、
味をみて足りなければ、塩を足し仕上げる。

(『つぶつぶネットショップ』のまかないレシピ)

<ポイント>
ピーマンに限らず、お好みの野菜でかまいません。
作りおきでき、お弁当のおかずにも便利です。

辛いパンチがきいた味にしたい時は、唐辛子粉や
七味などをかけてみてください。

ほうじハト麦は大目に作っておけば、
色々な食材と併せたおかずを多様に作れます。

また、ダイエット中のおやつにも最適。

アトピーや肌荒れ、イボなど肌のトラブルのある方も
適量、召し上がってください。

(食べ過ぎやばっかり食べには、注意ですよ(笑))


○レシピ3
~ ハト麦とサヤインゲンのくたくた煮スープ ~

[材料]
ハト麦 大さじ2、サヤインゲン 100g、タマネギ 50g、トマト 50g、
ニンニク 1片、菜種油 小さじ1、水 4カップ、自然塩 小さじ1と1/5

[作り方] 
1. ハト麦は熱湯に浸してフタをし、30分蒸らす。

2. タマネギはヨコ半分、厚さ5mmのまわし切り、
トマトは1cmのさいの目に切り、ニンニクは繊維に直角に薄切りにする。
サヤインゲンはヘタをとって3等分くらいに手で折る。

3. 鍋にニンニクを入れて中火にかける。
いい香りがしてきたらタマネギ、サヤインゲン、トマトをさっと炒め、
水を入れて強火にする。

4. 沸騰したら水気をきったハト麦と塩を入れ、
煮立ったら中火にして30分煮込む。

5. ハト麦がやわらかくなったら味をみて、
足りなければ塩を足して仕上げる。

<ポイント>
ハト麦は炊かなくていいので、失敗もなく
簡単に作ることができます。

夏はスープを多めに作っておくと、前日の残った麺(パスタなど)を
入れたりすれば、ランチなどに簡単に活用できます。
(麺を入れる場合、塩加減はお好みで若干増やしても構いません。)

(『つぶつぶ雑穀スープ』(大谷ゆみこ著)より一部抜粋)