海の精 漬物塩 (1.5kg)
商品コード:040411  メーカー:海の精
画像1
アイテムイメージ
画像1

画像1

販売価格 (税込) 3,240円
当店ポイント30P進呈
在庫:
商品について問い合わせる

※レビュー投稿はマイページからお願いします。

この商品の購入状況(最新10件)
購入日時 購入数 地域
2017-06-22 16:33 2 埼玉県 2017-06-21 09:47 1 愛知県 2017-06-20 03:38 1 滋賀県 2017-06-20 01:28 1 新潟県 2017-06-19 11:00 1 千葉県 2017-06-19 10:31 1 長野県 2017-06-19 09:21 1 埼玉県 2017-06-19 01:48 1 埼玉県 2017-06-18 09:31 3 熊本県 2017-06-16 16:00 4 神奈川県
返品についてはこちら>>

塩味は強いがまろやかで旨みがあり、後味も良い。
溶けるのに時間のかかるカルシウム粒の選別を省いて、価格を抑えました。
時間をかけて発酵熟成させる漬物などに向いている、お得な「あらしお」です。


原材料
海水(東京伊豆大島近海)
日本人の腸を調えてきた発酵食品は、ヨーグルトではなく、
たくあん漬けなどの乳酸発酵の漬物なのです。


『ごはんの力』より
驚いて自然食関係の本を読み進めると、「人間は年に1俵(60キログラム)の玄米と自然の塩があれば健やかに生きていける」というさらに衝撃的な事実に出会いました。「えーっ、これまで栄養学で教わったことって何だったの」と頭の中は?マークでいっぱい。

貧しく栄養がないと切り捨ててきた小さい頃の、ごはんに味噌汁と漬物とおひたしの乗ったちゃぶ台が目に浮かんで、「あれで良かったってこと!?」と知るに至りました。


つぶつぶ食卓の基本は、
1.雑穀入りごはん
2.海藻入りみそ汁
3.漬物
これで、パーフェクトバランスなんです!

■┓スタッフのイチオシ 
┗┛━…‥‥━…‥‥━…‥‥━…‥‥━…‥‥━…‥‥━…‥‥━…‥‥━…‥‥━…‥‥━…‥‥☆  
 
○レシピ1  
~干しシメジベーコン~  
 
[材料]  
干しシメジ(乾燥ひらたけ)12g、自然塩 小さじ1/3、  
油(菜種油とゴマ油を7:3で混ぜたもの)大さじ2 
 
[作り方]  
1. フライパンに油を入れて、ほんのり温まったら、 
干しシメジをそのまま入れる。 
 
2. 全体に油が回ったら、塩を入れる。 
 
3. 木べらでシメジの固い部分を押しながら炒め、 
カリカリになってきたら出来上がり。  
焦げないように、すぐにプライパンから取り出します。 
 
<ポイント>  
干しシメジを戻さず、そのままカリッと焼くだけで 
カリカリベーコンのような香ばしい美味しさに!!  
 
あらゆるサラダのトッピングなどに、 
使えます♪(ミレットペペロンチーノにも!)
(『つぶつぶ04』裏表紙 より一部抜粋)  
 
 
 
 
○レシピ2
~ 切り干し大根のスープ ~

[材料] 
切り干し大根 20g、干しシメジ(乾燥ひらたけ) 6g、サヤインゲン 6本、人参 20g、
水 5カップ、昆布 5cm角、醤油 大さじ1、自然塩 小さじ2、
油 小さじ2(菜種油とゴマ油を7:3で混ぜたもの)

[作り方] 
1. 干しシメジと昆布は分量の水に浸し、干しシメジは柔らかくなったら
小さめに割いておく。

2. 人参は斜めの輪切りにしてから、千切りにする。
インゲンは斜め輪切りにしておく。

3. 切り干し大根はさっと洗って、きゅっとしぼり、
ざく切りにする。

4. 鍋に油を熱し、切り干し大根をさっと炒め、1.を水ごと加え、
沸騰したら人参と塩を加える。

5. 人参が柔らかくなったらインゲンを加え、
火が通ったら醤油で香りをつける。

※ 何杯もお代わりする方続出(笑)
おひさまの香りがするコク味スープを味わってくださいね!

(『つぶつぶ08』p.15 より一部抜粋)


○レシピ3
~ コーンスープ青じそ風味(4人分) ~

[材料] 
スライスコーン 2本分(約160~200g)、玉ネギ 1個、水 4カップ、
昆布 5cm、自然塩 小さじ1/3、クズ粉 大さじ2と1/2、青じそ 1枚、
ブレンド油 小さじ1/2(菜種油とゴマ油 7:3で混ぜたもの)

[作り方] 
1. 玉ネギを5mm角に切り、油が全体に回るくらいにサッと炒める。
水と昆布、スライスコーン、トウモロコシの芯、塩を加えて
沸騰したら、中火で10~15分煮る。

2.1に水で溶いたクズ粉をまわし入れ、少し煮立ててトロミをつける。

3. 器に盛り、青じその千切りを散らす。

(『つぶつぶ10』p.16 より一部抜粋)

<ポイント> 
◎スライスコーンの作り方
・よく研いだ包丁でトウモロコシの根元を持って回しながら
削ぐようにスライスします。(ピーラーを使ってもOK!)

コーンの薄い輪切りを作るつもりで。
芯の近くになったらやめて、芯はだしを取るのに使います。

1本から約80~100gのスライスコーンがとれる目安です。

・このスープは温めても、冷やしても美味しいので、
例えば、夜に作りおきして、夜はホット、
残りを冷蔵庫に入れて朝はクールなスープにすると、
朝食作りが楽々です!!


○レシピ4
~ キビ玉きつね丼 (2人分)~

[材料]基本キビ玉 (2人分)、油揚げ 1/2枚、長ネギ 100g
ゴマ油 小さじ1と1/2、自然塩 1/4、七味唐辛子 ひとつまみ
酒 大さじ1、刻み海苔 適量

[作り方]
1. フライパンにゴマ油を熱し、千切りの油揚げと
斜め薄切りを半分に切った長ネギを炒め、
酒と自然塩で味をつけ、七味唐辛子をふります。

2. どんぶりにごはんを盛り、1をのせ
基本キビ玉をかけ、刻み海苔をちらします。
お好みで醤油をかけてください。

(『つぶつぶ03』p.6 より一部抜粋)

<ポイント>
・長ネギがない場合は、玉ねぎを薄くスライスしたもので
代用してもかまいません。

・基本キビ玉は、ご飯にかけるだけでなく、
ミルキーでもっちりした食感が楽しめるので、
パスタのソースや温野菜にかけてもGood☆

・「基本キビ玉」にゆでたジャガイモやコーンを混ぜて、溶き粉、
パン粉をつけて揚げると、クリームコロッケのような
味になります。

・もちキビは「畑のエッグ」とも称され
卵のような色と風味をもつので、様々な卵料理に変身します。
工夫次第で、いろんな料理に使えて、便利です!!


○レシピ5
~ ニンニクの香り油サラダ ~

[材料]
炊いた押し麦 1/2量(前回紹介した 押し麦1/2カップと
水 1と1/2カップ、自然塩 小さじ1/8 を炊いたものを1とする)

長ネギ 1本(80g)、オリーブ油 大さじ2、ニンニクのみじん切り 小さじ1
赤唐辛子のみじん切り 小さじ1/8、自然塩 小さじ1/2、レモン 適量
黒オリーブ 適量

[作り方] 
1. 長ネギは千切りにして、ボウルに入れておく。

2. 皿に炊いた押し麦をしいておく。

3. 鍋にオリーブ油とニンニクを入れ、中火にかけ香りがしてきて、
うっすら色が付いてきたら、塩と唐辛子を加え香り油を作る。

4. 熱いうちに、1.のネギにジュッとかけ、2.の押し麦に
のせ、レモンと黒オリーブを添える。

<ポイント>
主食にもなるさっぱり系のサラダです。

お子さんなど、辛いものが苦手な方は、
赤唐辛子の量を減らしてみてください。