TOP    雑穀レポート

つぶつぶ 雑穀レポート

ヒエ続きはこちら
ヒエ ヒエ

日本発祥の穀物といわれているヒエ。ヒエは、縄文時代以前から日本人の主食作物でした。
アイヌの人々はヒエを、祖先の神様が贈ってくれた魂を養う食べものとして大切に育て、食べつないできました。ヒエは神に捧げるどぶろく作りにも欠かせないものでした。

もちキビ続きはこちら
もちキビ もちキビ

キビの鮮やかな黄色はカテキン類のポリフェノールの色。強い抗酸化力を持ち、体のサビをとって若々しい細胞を作りやすくしてくれます。
鉄分や亜鉛をはじめ、全体的にバランスよく微量栄養素を含んでいて、タンパク質が豊富なわりには脂肪が少ないので、さっぱりしながらもうまみの濃い味が楽しめるのが特徴です。

高キビ続きはこちら
高キビ 高キビ

高キビは、アフリカ原産の雑穀です。人類発祥の地とされているエチオピアのサバンナから、アフリカ全土に広まったといわれています。
もともと、うるち種の「白高キビ」ともち種の「赤高キビ」の二系統があり、アフリカでは多様な種類の高キビが栽培されてきました。